So-net無料ブログ作成
検索選択

「生活者視点の、信用できる厚労行政の実現を」−長妻厚労相(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は1月14日、厚労省内で開かれた全国厚生労働関係部局長会議であいさつし、「厚生労働省を生活者視点の立場に立つ、信用できる組織に生まれ変わらせ、よりよい厚生労働行政を目指したい」と強調した。

 長妻厚労相は来年度予算案について、政権交代によって従来の延長線上にない新発想を盛り込めたと評価。一方、厚労省については現場の実情を把握する能力がまだ不足していると指摘した上で、「住民の社会保障を守ることこそが、(国・地方自治体の)共通の目的。実際に現場で奮闘され、具体的な問題点も熟知されている皆様の指摘を、ぜひ頂きたい」と述べた。

■「地域医療の再生が大きな課題」-長浜厚労副大臣

 引き続き開催された同会議の厚生分科会では、長浜博行厚労副大臣があいさつし、新型インフルエンザ対策の必要性や、財務省との折衝によって生活保護の母子加算を復活させた成果などに言及。また、「地域の医療を再生することが大きな課題」と強調した。


【関連記事】
10年度診療報酬改定の基本方針を読み解く
「組織改革本番の年に」―長妻厚労相
診療報酬体系、「国民のニーズに追い付かず」−長妻厚労相が認識
事項要求の予算確保に全力―長妻厚労相
長妻厚労相、「まず現状把握」

直木賞 佐々木譲さんと白石一文さん 芥川賞は該当作なし(毎日新聞)
05年にも4億円不記載=同時期にゼネコン「裏献金」−関連を捜査・東京地検(時事通信)
センター試験 あすスタート(産経新聞)
「国民の声が解決の鍵」=拉致家族ら集会で訴え−大阪(時事通信)
岡田外相がハワイに出発 日米外相会談で同盟深化など協議へ(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。